• iwata-hiroki

不連続終活小説 Nさんのエンディング⑧

「そうですか。では・・・」

 私は、動揺を隠しきれないままいつものように説明を始めた。

 「遺言書の形式には、自筆証書遺言とか公正証書遺言とかいった種類があるのはご存知ですか」

 「ええ、自分なりに少しは調べましたので。でも、私の場合はどちらがいいのか判断がつきかねますので、教えていただけますか」

 Nさんは、相変わらず落ち着いた口調でそう言った。

 自筆証書遺言とは、文字どおり全文を自筆で記す遺言のことで、民法にはこんな規定がある。

 「自筆証書によって遺言をするには、遺言者が、その全文、日付及び氏名を自書し、これに印を押さなければならない」(968条1項)。

 いたってシンプルな条文だ。この規定にさえ従えば、有効な遺言書が作れるということになる。ただ、遺言者が亡くなった後にその遺言書を使おうとする場合、「検認」という手続が必要になる。要は近くの家庭裁判所で遺言書に「検認済証明書」というのを合綴してもらい、割印をもらうだけのことだが、相続人の誰かが裁判所まで出向かねばならず、一般の方にはややハードルが高い。

 一方、公正証書遺言は、自宅で紙とペンを使って完結するというようなものではなく、けっこう手間がかかる。戸籍や印鑑証明書等の必要書類を用意し、公証役場というところと打ち合わせをして遺言の内容を詰め、決められた日に証人2名を連れて役場に行き、原稿用紙みたいな紙に印字された遺言書に全員で署名捺印するということが必要になる。

 さらに、これにはまあまあ費用がかかることもネックとなる。例えば、2000万円の自宅土地建物と1500万円の預貯金をすべて妻に相続させるという遺言書の場合、公証役場に4万円の手数料を払う必要がある。手続や証人を司法書士に依頼すれば、5万円程度かかるのが普通だ。

 それでも、公正証書を選ぶ人は多い。毎年コンスタントにだいたい10万件の公正証書遺言が作成されている。われわれ司法書士が業務として遺言書作成に携わる場合、基本的には公正証書遺言だ。そのメリットは、やはり確実性だろう。


※この作品はフィクションであり、実在する人物、団体等とは一部を除いて関係ありません。


最新記事

すべて表示

ところで、普通の相続手続では亡くなった人の出生から死亡までの戸籍だとか、相続人全員の戸籍を提出しなければならないが、遺言書さえあればそのほとんどは不要となる。通常、生まれてから亡くなるまでの間にその人について4~5通の戸籍が編製されるが、戸籍を頻繁に移す人や婚姻離婚を繰り返す人の場合、10通にもなったりする。また、相続人がたくさんいて全国各地に散らばったりしていると、その役所ごとに戸籍の請求をしな

「仮にみなさんがその相続分を奥様に譲渡することを承諾したとしても、全員から印鑑証明書をいただいて、遺産分割協議書に実印をもらわなければなりません。ところで、ご兄弟はみなさんご存命ですか?」 「いえ、長兄とすぐ下の妹はすでに亡くなっています」 「その方にお子さんは?」 「ええ、それぞれ二人か三人いたと思います」 「交流はありますか?」 「いいえ、特に妹の子どもは二人とも九州で所帯を持っているみたいで

ところで、遺言書には、相続に関する自分の意思をはっきり示し、親族間の争いを防ぐという機能の他に、相続手続を簡単にするという機能がある。 まだ開業間もない頃、事務所の近くに住むSさんから電話があった。遺言書の作成について相談したいという。聞いてみると、60歳を過ぎて初めて結婚し、夫婦の間に子供はいないという。妻は45歳で、結婚して5年になるそうだ。 Sさんによると、心臓に持病があり、最近体調がよくな