• iwata-hiroki

不連続終活小説 Nさんのエンディング⑦

 Nさんのような相談を受けた場合、次のような対応が思い浮かぶ。

・任意後見契約

・財産管理契約

・遺言書作成

・死後事務委任契約

 このうち、任意後見契約というのは、今はまだ認知症ではなく判断能力もしっかりしているが、それを失ってからでは自分で何も決められなくなってしまうので、今のうちに誰を後見人にしてどのようにサポートしてもらうのかを契約しておき、将来認知症がひどくなったときに備えておくというものだ。

 その際、財産管理契約を組み合わせることがままある。判断能力が著しく減退する前ではあっても、体が不自由であったり自ら財産を管理することに不安があったりする場合に、われわれ専門職に代理権を与えて預貯金の管理をさせたり、重要な法律行為を行わせるというもので、後見が発動するまではこちらで対応するという感じだ。

 Nさんの場合、かなりしっかりしているようなので、直ちにこれらが必要とも思われない。どのような希望をもっているのだろうか。

 「実は、ステージ4の肺がんを宣告されていまして」

 彼女は静かな口調で淡々と言った。私は虚をつかれ、一瞬時が止まったように感じた。

 Nさんからは、何の表情の変化も読み取れない。諦念なのか覚悟なのか、ここまでの平静さに至るまでの心痛は如何ばかりだったろうかと思う。私はとっさに言葉が出ず、「そうですか・・・」というのがやっとだった。

「それでね、まずはちゃんと遺言書を残したいんです」


※この作品はフィクションであり、実在する人物、団体等とは一部を除いて関係ありません。


最新記事

すべて表示

ところで、普通の相続手続では亡くなった人の出生から死亡までの戸籍だとか、相続人全員の戸籍を提出しなければならないが、遺言書さえあればそのほとんどは不要となる。通常、生まれてから亡くなるまでの間にその人について4~5通の戸籍が編製されるが、戸籍を頻繁に移す人や婚姻離婚を繰り返す人の場合、10通にもなったりする。また、相続人がたくさんいて全国各地に散らばったりしていると、その役所ごとに戸籍の請求をしな

「仮にみなさんがその相続分を奥様に譲渡することを承諾したとしても、全員から印鑑証明書をいただいて、遺産分割協議書に実印をもらわなければなりません。ところで、ご兄弟はみなさんご存命ですか?」 「いえ、長兄とすぐ下の妹はすでに亡くなっています」 「その方にお子さんは?」 「ええ、それぞれ二人か三人いたと思います」 「交流はありますか?」 「いいえ、特に妹の子どもは二人とも九州で所帯を持っているみたいで

ところで、遺言書には、相続に関する自分の意思をはっきり示し、親族間の争いを防ぐという機能の他に、相続手続を簡単にするという機能がある。 まだ開業間もない頃、事務所の近くに住むSさんから電話があった。遺言書の作成について相談したいという。聞いてみると、60歳を過ぎて初めて結婚し、夫婦の間に子供はいないという。妻は45歳で、結婚して5年になるそうだ。 Sさんによると、心臓に持病があり、最近体調がよくな