• iwata-hiroki

不連続終活小説 Nさんのエンディング⑥

 

 促されるままダイニングのテーブルに座ると、程なくして湯呑を乗せたお盆を持ったNさんが向いに腰を下ろし、

「お電話でも少しお話ししましたが」と話し始めた。

「もうこんな年齢になりまして、子供もなくて一人暮らしなものですから、これからのことが心配で。ここで孤独死なんてことになって人様に迷惑をかけたくないですし」

 と言いながら、Nさんは湯呑を私の前に置いた。

 そういえば、近ごろ孤独死を思わせる戸籍を時々目にする。

 われわれ司法書士は、弁護士や行政書士と同様、職務に必要な範囲において、職権で依頼者及びその親族の戸籍を取得することができる。相続登記の場合、相続人が数十人におよぶことも珍しくない。そうなると一件でかなりの数の戸籍をチェックすることになる。

 通常、誰かが亡くなったことは、戸籍上「○年○月○日午後2時50分名古屋市中区で死亡」など時刻まで特定されて記載されたりするが、たまに「○月○日頃死亡」というのにあたることがある。これにより、その人が誰にも看取られずに亡くなり、死後数日経ってから発見されたということが分かる。

 その他にも、いわゆる「おひとり様」の戸籍もよく見る。結婚して夫婦の戸籍をつくったり、子どもが生まれて自分の戸籍に加わったりという出来事のないまま、親の戸籍のなかに留まっていたり、あるいは自分ひとりであらたに戸籍をつくったりというケースだ。今ではけっして珍しいことではない。

 このように、戸籍は個人情報の宝庫だから、正当な理由もないのに職務上の請求をしてはならないというのは当然である。にもかかわらず、これを不正利用して懲戒処分を受ける者がたまに出てくる。探偵業者等に請われて、虚偽の理由で職務に関係なく他人の戸籍をとるのである。つまり、職権を売るのだ。人探しを業とする探偵にとっては、われわれのこの職権は、それはもう垂涎の的だろう。いったい、いくらもらったのか知らないが、そのようなことに手を染めようという心境が理解できない。


※この作品はフィクションであり、実在する人物、団体等とは一部を除いて関係ありません。

最新記事

すべて表示

ところで、普通の相続手続では亡くなった人の出生から死亡までの戸籍だとか、相続人全員の戸籍を提出しなければならないが、遺言書さえあればそのほとんどは不要となる。通常、生まれてから亡くなるまでの間にその人について4~5通の戸籍が編製されるが、戸籍を頻繁に移す人や婚姻離婚を繰り返す人の場合、10通にもなったりする。また、相続人がたくさんいて全国各地に散らばったりしていると、その役所ごとに戸籍の請求をしな

「仮にみなさんがその相続分を奥様に譲渡することを承諾したとしても、全員から印鑑証明書をいただいて、遺産分割協議書に実印をもらわなければなりません。ところで、ご兄弟はみなさんご存命ですか?」 「いえ、長兄とすぐ下の妹はすでに亡くなっています」 「その方にお子さんは?」 「ええ、それぞれ二人か三人いたと思います」 「交流はありますか?」 「いいえ、特に妹の子どもは二人とも九州で所帯を持っているみたいで

ところで、遺言書には、相続に関する自分の意思をはっきり示し、親族間の争いを防ぐという機能の他に、相続手続を簡単にするという機能がある。 まだ開業間もない頃、事務所の近くに住むSさんから電話があった。遺言書の作成について相談したいという。聞いてみると、60歳を過ぎて初めて結婚し、夫婦の間に子供はいないという。妻は45歳で、結婚して5年になるそうだ。 Sさんによると、心臓に持病があり、最近体調がよくな