top of page
  • iwata-hiroki

不連続終活小説 Nさんのエンディング④

 愛知県郊外の借家で一人暮らしをしていたKさんは、近くの畑から勝手に野菜を失敬する、真冬にノースリーブのワンピースで近所をうろつく、一晩中洗濯機を回し続けるといった奇行が目立つようになり、ついにはタバコの火の不始末でボヤ騒ぎを起こし、老人介護施設に入所することになった。その施設入所契約の必要から後見開始の申立がなされ、家庭裁判所の審判を受けて私が後見人になったというわけである。

 Kさんは無事に施設に入所でき、医師の診断からも、もう自宅に帰って独居できる見込みはなかった。こうなると、速やかに借家契約を解除して余計な家賃を払わなくていいようにしなければならない。Kさんが住んでいた古い一軒家は、管理会社が間に入っているということはなく、所有者から直接借りていたようなので、早速連絡を取ると、大家はKさんとの折り合いが決してよくなかったことを匂わせつつ、こころよく解約に応じてくれた。その際、当然ながら原状回復義務の履行を求められた。

 打ち合わせのために大家の家に行く途中で、そのすぐ近くにあるKさんの自宅内に現状確認のために入ってみて驚いた。よくテレビのワイドショーで見る光景さながらに、何が詰まっているか分からないゴミ袋、汚れてボロボロになった衣類、洗っていない食器が部屋中に散乱し、万年床を取り巻くようにタバコの吸い殻やペットボトルや色んなゴミが落ちていた。障子や襖は破れ、壁も汚れている。「現状回復って言ってもなぁ・・・」。私は頭を抱えた。


※この作品はフィクションであり、実在する人物、団体等とは一部を除いて関係ありません。

最新記事

すべて表示

不連続終活小説 Nさんのエンディング⑱

このようなケースでは、以下のような書類が必要となる。 ①通帳裏表紙のコピー ②マンションの登記事項証明書 ③マンションの固定資産税納税通知書 ④Nさんと弟さんの親族関係を示す戸籍謄本 ⑤Nさんの印鑑証明書 「このうち、通帳コピーと納税通知書は今写真を撮らせていただきますね」 私は、携帯を取り出して撮影した。あとはデータを事務所の複合機に飛ばしてプリントアウトすれば済む。 「登記事項証明書というのは

不連続終活小説 Nさんのエンディング⑰

ここで、私は考えを巡らせた。Nさんは、親の遺産でこのマンションを買ったという。だとすると、共同相続人であったと思われる弟は姉の財産状況をある程度把握し、もう80歳を超えた姉の遺産がすべて自分のもとに来ることを期待しているかもしれない。その弟が、遺産の大半が第三者に渡されるという遺言書を見てどうするだろうか。形式的な不備をあげつらって遺言の無効を主張することもありえるし、ことによると破棄したり隠した

不連続終活小説 Nさんのエンディング⑯

「他に、株とか投資信託とかはお持ちじゃないですか?」 「いいえ、他には何にもありません」 「そうですか。ありがとうございました」 と言って、私はシートをめくって備考欄を開いた。 このまま何もしないでNさんが亡くなったとすると、遺産はすべてNさんの弟が手に入れることになる。遺言書をつくりたいということは、そうはしたくないということを意味する。何か嫌な予感がした。 「ざっと、7500万円の財産をお持ち

Comments


bottom of page