top of page
  • iwata-hiroki

不連続終活小説 Nさんのエンディング③

 Nさんのご自宅は、表通りから少し入ったところにあった。この地域にしては、割と閑静な住宅街だ。まだ新しいなかなかお洒落なマンションで、エントランスにはオートロックが施されている。

 その9階に、Nさんの部屋があった。玄関を開けて出てきたのは、やはり80代に見える女性だった。長身でスラっとして姿勢もいい。金縁の眼鏡が知的な印象を与える。

 「わざわざ申し訳ありませんねぇ。どうぞお入りになって」

 と言って、Nさんは私を招じ入れた。玄関も廊下もきれいに片づいている。

 居間に入って勧められるままに椅子に座り、辺りを見回す。センスの良さそうな家具が必要なだけあるといった様子で、生活感に欠けると言ってもいいぐらいにさっぱりしていた。

 司法書士は、いわゆる専門職のなかで最も多く成年後見人に就任している。私も、これまで10人以上の方の後見人を務めてきた。その中には、自宅をゴミ屋敷にしてしまった高齢者も何人かいた。こういう方が施設に入所する場合、自宅を整理して何もない状態で売るなり返すなりするのが原則で、それも後見人の職務だ。といっても、後見人が自らトラックでゴミや家具を運ばなければならないというわけではない。それを業者に依頼してゴミ処理や中古品の売買契約を結ぶというのが後見人としての法律事務の内容である。ところが、実際には肉体労働を余儀なくされることも少なくない。


※この作品はフィクションであり、実在する人物、団体等とは一部を除いて関係ありません。


最新記事

すべて表示

不連続終活小説 Nさんのエンディング⑱

このようなケースでは、以下のような書類が必要となる。 ①通帳裏表紙のコピー ②マンションの登記事項証明書 ③マンションの固定資産税納税通知書 ④Nさんと弟さんの親族関係を示す戸籍謄本 ⑤Nさんの印鑑証明書 「このうち、通帳コピーと納税通知書は今写真を撮らせていただきますね」 私は、携帯を取り出して撮影した。あとはデータを事務所の複合機に飛ばしてプリントアウトすれば済む。 「登記事項証明書というのは

不連続終活小説 Nさんのエンディング⑰

ここで、私は考えを巡らせた。Nさんは、親の遺産でこのマンションを買ったという。だとすると、共同相続人であったと思われる弟は姉の財産状況をある程度把握し、もう80歳を超えた姉の遺産がすべて自分のもとに来ることを期待しているかもしれない。その弟が、遺産の大半が第三者に渡されるという遺言書を見てどうするだろうか。形式的な不備をあげつらって遺言の無効を主張することもありえるし、ことによると破棄したり隠した

不連続終活小説 Nさんのエンディング⑯

「他に、株とか投資信託とかはお持ちじゃないですか?」 「いいえ、他には何にもありません」 「そうですか。ありがとうございました」 と言って、私はシートをめくって備考欄を開いた。 このまま何もしないでNさんが亡くなったとすると、遺産はすべてNさんの弟が手に入れることになる。遺言書をつくりたいということは、そうはしたくないということを意味する。何か嫌な予感がした。 「ざっと、7500万円の財産をお持ち

Comments


bottom of page