• iwata-hiroki

不連続終活小説 Nさんのエンディング⑪

更新日:5 日前

「仮にみなさんがその相続分を奥様に譲渡することを承諾したとしても、全員から印鑑証明書をいただいて、遺産分割協議書に実印をもらわなければなりません。ところで、ご兄弟はみなさんご存命ですか?」

「いえ、長兄とすぐ下の妹はすでに亡くなっています」

「その方にお子さんは?」

「ええ、それぞれ二人か三人いたと思います」

「交流はありますか?」

「いいえ、特に妹の子どもは二人とも九州で所帯を持っているみたいで、会ったこともありません。この子たちも関係あるんですか?」

「はい。このままいけば法定相続人になります」

 実は、こういった「疎遠な遠縁」がいると、かなりこじれることがある。「自分の相続分に相当する金を払え」と言ってくればまだいいが、手紙で意向を尋ねても一切返答しない人がいる。その人にしてみれば、会ったこともない人が亡くなって自分がその相続人だと突然言われ、しかもその相続分がわずかな金額だったりすれば、自分は関わりたくないから、そっちで勝手にやってくれという心境にもなるだろう。しかし、そうはいかない。すべての人から印鑑証明書を提出してもらい、遺産分割協議書に実印をもらわない限り手続はストップする。私が以前関わった件で、遺産分割案を提示した手紙を開封することなく、封筒に「受取拒絶」と書かれて突き返されたこともある。その理由は、今もってまったく分からない。

「そんな場合はどうするんですか?」Sさんは言った。

「裁判所の手続を使うしかありませんね」

「訴訟?」

「いえ、まずは調停です。相続人間で話し合いがまとまらないときや話し合いができないときに、裁判所のなかの部屋で調停委員を交えてみんなで話し合うというものです」

 Sさんは、

「けっこう大ごとになっちゃうんですね。嫁さんはけっこう気が弱いところがあって、うちの兄弟との交渉だとか、裁判所でどうのこうのとかってのはなるべくさせたくないんですよね」と言って少し笑った。

最新記事

すべて表示

ところで、普通の相続手続では亡くなった人の出生から死亡までの戸籍だとか、相続人全員の戸籍を提出しなければならないが、遺言書さえあればそのほとんどは不要となる。通常、生まれてから亡くなるまでの間にその人について4~5通の戸籍が編製されるが、戸籍を頻繁に移す人や婚姻離婚を繰り返す人の場合、10通にもなったりする。また、相続人がたくさんいて全国各地に散らばったりしていると、その役所ごとに戸籍の請求をしな

ところで、遺言書には、相続に関する自分の意思をはっきり示し、親族間の争いを防ぐという機能の他に、相続手続を簡単にするという機能がある。 まだ開業間もない頃、事務所の近くに住むSさんから電話があった。遺言書の作成について相談したいという。聞いてみると、60歳を過ぎて初めて結婚し、夫婦の間に子供はいないという。妻は45歳で、結婚して5年になるそうだ。 Sさんによると、心臓に持病があり、最近体調がよくな

自筆証書の場合、専門家のチェックを受けることなく作成できてしまうので、内容が不明確だったり、実現できない内容が含まれていたり、あるいわ形式が民法の要件を充たしていなかったりして、往々にして争いのもとになる。つまり、その遺言の内容に満足しない相続人から、「そんな遺言は無効だ」とつけ込まれるスキが多分にあるということだ。法廷の場で筆跡鑑定が求められるのは、「お父さんが私をないがしろにして、こんな遺言書