• iwata-hiroki

不連続終活小説 Nさんのエンディング ①

名古屋の中心部に「栄」という街がある。言わずと知れた官庁街であり、名古屋随一のオフィス街、歓楽街でもある。古いカーナビだと、「サ(・)カエ」と第一音節にアクセントを置かれたりして気持ち悪いが、地元の人間は歴史的にも100パーセント平板アクセントで言っている。あのアイドルグループのおかげもあって、全国的にも浸透してきただろうか。

 その栄が属する名古屋市中区の東の外れに新栄という街がある。私の事務所は、その新栄のさらに東の外れにある。その名前に反してたいそう古い街で、近くには古典的な幽霊が出そうなおんぼろビルがいくつかある。

 パッと見、冴えないこの街も、秋はなかなかいい感じになる。地味な街並に銀杏が鮮やかな色彩を加えてくれる。特に、事務所の近くを走る幹線道路の「桜通り」は、数キロメートルの直線道路が見事な銀杏並木で彩られる。

 11月初めの朝8時30分、朝日を浴びて金色に輝く銀杏の木々を眺めながら事務所に向かって歩いていると、携帯の着信音が鳴った。この時間は開業前で、まだ誰も事務所にいない。そんなときは、事務所の固定電話にかかってきた電話はすべて私の携帯に転送される。

 「おはようございます。いわた事務所です」

「おはようございます。Nと申します。あのー、遺言のこととかでご相談したいことがあるんですけど・・・」

 高齢の女性だろうか、落ち着きのある上品な感じの話し方だった。


※この作品はフィクションであり、実在する人物、団体等とは一部を除いて関係ありません。

最新記事

すべて表示

ところで、普通の相続手続では亡くなった人の出生から死亡までの戸籍だとか、相続人全員の戸籍を提出しなければならないが、遺言書さえあればそのほとんどは不要となる。通常、生まれてから亡くなるまでの間にその人について4~5通の戸籍が編製されるが、戸籍を頻繁に移す人や婚姻離婚を繰り返す人の場合、10通にもなったりする。また、相続人がたくさんいて全国各地に散らばったりしていると、その役所ごとに戸籍の請求をしな

「仮にみなさんがその相続分を奥様に譲渡することを承諾したとしても、全員から印鑑証明書をいただいて、遺産分割協議書に実印をもらわなければなりません。ところで、ご兄弟はみなさんご存命ですか?」 「いえ、長兄とすぐ下の妹はすでに亡くなっています」 「その方にお子さんは?」 「ええ、それぞれ二人か三人いたと思います」 「交流はありますか?」 「いいえ、特に妹の子どもは二人とも九州で所帯を持っているみたいで

ところで、遺言書には、相続に関する自分の意思をはっきり示し、親族間の争いを防ぐという機能の他に、相続手続を簡単にするという機能がある。 まだ開業間もない頃、事務所の近くに住むSさんから電話があった。遺言書の作成について相談したいという。聞いてみると、60歳を過ぎて初めて結婚し、夫婦の間に子供はいないという。妻は45歳で、結婚して5年になるそうだ。 Sさんによると、心臓に持病があり、最近体調がよくな