top of page
  • iwata-hiroki

不連続終活小説 Nさんのエンディング ①

名古屋の中心部に「栄」という街がある。言わずと知れた官庁街であり、名古屋随一のオフィス街、歓楽街でもある。古いカーナビだと、「サ(・)カエ」と第一音節にアクセントを置かれたりして気持ち悪いが、地元の人間は歴史的にも100パーセント平板アクセントで言っている。あのアイドルグループのおかげもあって、全国的にも浸透してきただろうか。

 その栄が属する名古屋市中区の東の外れに新栄という街がある。私の事務所は、その新栄のさらに東の外れにある。その名前に反してたいそう古い街で、近くには古典的な幽霊が出そうなおんぼろビルがいくつかある。

 パッと見、冴えないこの街も、秋はなかなかいい感じになる。地味な街並に銀杏が鮮やかな色彩を加えてくれる。特に、事務所の近くを走る幹線道路の「桜通り」は、数キロメートルの直線道路が見事な銀杏並木で彩られる。

 11月初めの朝8時30分、朝日を浴びて金色に輝く銀杏の木々を眺めながら事務所に向かって歩いていると、携帯の着信音が鳴った。この時間は開業前で、まだ誰も事務所にいない。そんなときは、事務所の固定電話にかかってきた電話はすべて私の携帯に転送される。

 「おはようございます。いわた事務所です」

「おはようございます。Nと申します。あのー、遺言のこととかでご相談したいことがあるんですけど・・・」

 高齢の女性だろうか、落ち着きのある上品な感じの話し方だった。


※この作品はフィクションであり、実在する人物、団体等とは一部を除いて関係ありません。

最新記事

すべて表示

不連続終活小説 Nさんのエンディング⑱

このようなケースでは、以下のような書類が必要となる。 ①通帳裏表紙のコピー ②マンションの登記事項証明書 ③マンションの固定資産税納税通知書 ④Nさんと弟さんの親族関係を示す戸籍謄本 ⑤Nさんの印鑑証明書 「このうち、通帳コピーと納税通知書は今写真を撮らせていただきますね」 私は、携帯を取り出して撮影した。あとはデータを事務所の複合機に飛ばしてプリントアウトすれば済む。 「登記事項証明書というのは

不連続終活小説 Nさんのエンディング⑰

ここで、私は考えを巡らせた。Nさんは、親の遺産でこのマンションを買ったという。だとすると、共同相続人であったと思われる弟は姉の財産状況をある程度把握し、もう80歳を超えた姉の遺産がすべて自分のもとに来ることを期待しているかもしれない。その弟が、遺産の大半が第三者に渡されるという遺言書を見てどうするだろうか。形式的な不備をあげつらって遺言の無効を主張することもありえるし、ことによると破棄したり隠した

不連続終活小説 Nさんのエンディング⑯

「他に、株とか投資信託とかはお持ちじゃないですか?」 「いいえ、他には何にもありません」 「そうですか。ありがとうございました」 と言って、私はシートをめくって備考欄を開いた。 このまま何もしないでNさんが亡くなったとすると、遺産はすべてNさんの弟が手に入れることになる。遺言書をつくりたいということは、そうはしたくないということを意味する。何か嫌な予感がした。 「ざっと、7500万円の財産をお持ち

Comments


bottom of page